更年期障害とうつ病の違い

更年期障害とうつ病の違い

うつ状態

女性の更年期障害の症状とうつ病の症状は似ていると言われています。

 

というか更年期障害の症状に鬱の症状(更年期うつ)があります。なので更年期障害とうつ病が似ているのは当然と言えば当然なのですが・・・。

 

「更年期うつ」と「うつ病」の違い

 

更年期障害が引き起こした「うつ」と一般的な「うつ」の違いを解説していきます。

 

まず、見分け方ですが、コレは非常に簡単です。

 

婦人科の血液検査で女性ホルモンの数値を調べれば一発でわかります。更年期障害は、このように検査をすることで更年期かどうかすぐに判明するわけです。

 

病院の採血検査で更年期であると診断されれば「更年期うつ」であり、更年期ではない場合は「うつ病」という事です。

 

「更年期うつ」と「うつ病」の共通した症状としては次の通りです。

 

  • 不安感
  • イライラ
  • 落ち込み
  • 情緒不安定
  • 人と会うのが億劫
  • 何もしたくない
  • 睡眠障害

 

私もいくつか当てはまるのですが、元々の性格もあるので、やっぱり婦人科や更年期外来の検査を受けるのが一番だと思います。


健康食品