自律神経を鍛える方法

自律神経を鍛える方法

自律神経を鍛える方法

自律神経失調症

自律神経失調症というと更年期をはじめいろいろなときに起る疾患で、原因も人によってそれぞれで、はっきりした原因もわからないこともあります。

 

症状があるときに、いろいろな病気を疑って答えがないと自律神経失調症という病名が付いてしまうというほどです。

 

自律神経の不調はなぜ起きる?

 

誰でも例えば仕事がとても忙しかったりすると、不眠となりイライラが多くなり不安が襲ってくるようになったり、めまいが起ったりなど自律神経が弱っている症状が起ってくることもあります。しかし実際には自律神経を鍛えることで、随分症状が良くなることがあります。

 

それにはストレスがとても大きく影響しているので、「ストレスを解消することが一番です」ということは誰でも簡単に言うことができますね。

 

しかし実際には分っていてもそれをどうやったらできるかが問題なのです。

 

自律神経を鍛えるには?

 

まず冷たい水でシャワーと熱めのお風呂に交互に入るということがおすすめの一つです。

 

日光をなるべく浴びるように心掛けることも大切です。

 

次に自然の中で熟睡することもおすすめで、これは安全面のこともあるので十分注意しないと難しいところがありそうです。

 

大声を出すこともとてもいいと言われています。サッカーや野球観戦で思い切り声を出してはどうでしょう。

 

五感を鍛えることもおすすめです。例えば絵を描く、習字を書く、楽器を楽しむ、音楽を聴くなど芸術性を高めることに没頭できる時間をつくるといいでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
健康食品

体がだるいのはなぜ? 40代からプレ更年期 更年期の人気市販薬 疲れにおすすめのサプリ