40代女性の更年期障害の症状

40代女性の更年期障害の症状

更年期

更年期障害の症状は、だいたい40代半ば位から始まると言われてます。

 

女性の場合は急激に閉経に向って女性ホルモンのバランスが崩れ、女性ホルモンの中のエストロゲンとプロゲステロンのバランスがまったく逆になります。

 

つまり40代半ばから50代半ばの更年期と言われる時期に、このホルモン状態に急激に変化したときに体が悲鳴を上げていると考えると分かりやすいですね。

 

更年期障害の代表的な症状

 

更年期障害の症状というと、生理不順、不眠、不安、ホットフラッシュ、めまい、発汗、疲れなどがあります。

 

以上は、初期の症状であり進んでいくと、食欲不振、腰痛、しびれ、頻尿、皮膚異常(かさかさ、シミ、しわ、たるみ)、膀胱炎、味覚過敏なども起ります。

 

ちょっとしたことも大きく考えてしまうということなど、精神的に落ち込んでしまうということも更年期鬱から来るところが多いようです。

 

更年期は閉経に向って女性が体をリニューアルすると考えましょう。リニューアルするときの変化についていけない辛さが更年期障害ということです。

 

あまり重く考え過ぎずに、ゆったり更年期を過ぎるのを待ちましょう。楽しい趣味を増やしたり、楽しい時間を増やして過ごすのもおすすめです。


健康食品