更年期障害の検査

更年期障害の検査

体温計

更年期というと45歳から55歳の間の女性に不調を感じたときに受ける検査です。

 

疲れ、イラつき、鬱的な症状、眼精疲労、肩こり、のぼせ、不眠など本当にいろいろな症状が起ってきます。そこでそんなときには何が原因かを調べることが必要になります。

 

更年期障害の検査について

 

更年期障害が出る年齢は女性の場合、成人病や女性専門の癌など、いろいろな病気も同時期に掛かりやすい年代です。まず、更年期障害であるかという検査は、他に疑わしいことがないかという検査でもあります。

 

更年期障害については最終月経や、月経の状態、症状などを問診します。その他、血中の女性ホルモンの濃度の検査、骨密度の検査なども更年期から問題になる症状なので行います。

 

また膣とお腹の上から子宮や卵巣の状態を触診や超音波検査をし、乳癌のマンモグラフィー検査や子宮癌の細胞検査も行います。

 

これらを行った上で確実に更年期障害と分ったところで今度は治療法を考えていきます。生活の改善を中心とした治療法や薬物治療などがあり、その更年期障害の重度によっても治療法は変わってきます。

 

これらは医師との相談で自分の意志と医師の考えとの合致できたところで治療法を決めていくようにしましょう。その中で最善の方法を見つけ出せるといいですね。

 

プレ更年期の症状におすすめの健康食品一覧


健康食品